各選手の16/17シーズンの新プログラムについて・その③


c0309082_15332459.jpg


※2016年9月24日、マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ組のプログラムについて訂正しました。 


 16/17シーズンの新プログラムについてお伝えするシリーズの続報、その③です。今回も日本選手を始めとして、海外選手の新プログラム情報に関してもざっくりと紹介していきたいと思います。 


 まずは上の写真でもお分かりのとおり、日本男子の最年長者である無良崇人選手です。 
 無良選手はSPに関しては新プログラムの「フラメンコ」をすでにアイスショーでお披露目していましたが、フリーは7月に行われた日本代表の合宿で発表し、演目はラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」、振り付けは昨季に続いてチャーリー・ホワイトさんであることが判明しました。
 ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」といえば近年では浅田真央選手のソチ五輪フリーでの伝説的演技が記憶に新しいところですし、かつては高橋大輔さん、伊藤みどりさんが使用するなど、定番中の定番作品です。どの楽章を使用するかによっても雰囲気は変わってくると思うのですが、ピアノをメインにした優雅で華やかな楽曲なので、ここ2、3年意欲的に新しいスタイルを追求している無良選手にとって、これもまたチャレンジですね。しかもあまりにも有名な曲なので、それをいかに無良選手らしく表現してくるか、無良崇人の「ピアノ協奏曲第2番」を作り上げていくかというところに注目したいと思います。


 続いてはベテランの域に入りつつある村上佳菜子選手。

c0309082_16122821.jpg

 村上選手は7月末から8月初めにかけて行われた浅田選手が座長を務めるアイスショー「THE ICE」に出演し、その場で新フリーの「トスカ」をお披露目しました。
 「トスカ」はプッチーニの代表的なオペラ。フィギュア界でも定番です。村上選手の「トスカ」を拝見しましたが、最も知られるアリア「星は光りぬ」など力強いパートで村上選手らしい躍動感、情熱的なさまを表現しつつ、柔らかなスローパートも織り交ぜられていて、多彩な見どころのあるプログラムだなと感じました。“力強さ”という点では村上選手の得意分野かなと思うのですが、ここまで重厚なオペラ作品というのは初めてだと思うので、ベテラン選手といわれる年齢に差し掛かっている村上選手の新たな表情が見られるんじゃないかなと楽しみです。なお、ショートプログラムに関しては今のところ未発表です。


 すでにフリーについては発表済みだった田中刑事選手は、8月初旬にフィリピンで開催されたB級国際大会のアジア杯に出場し、昨季からの持ち越しとなるショートプログラム「ブエノスアイレスの春」を披露しました。昨シーズン見た限りでも大人の滑りを身につけつつある田中選手に合っているなと感じましたが、2季続けることでさらに音楽が体に馴染んでハマることが期待できるので、新しいフリーとともに注目ですね。


 同じくアジア杯に出場した今季シニアデビューとなる松田悠良選手。こちらも新プログラムをお披露目し、SPは14/15シーズンから演じ続けている「映画『ピアノ・レッスン』より」、フリーは「スパニッシュ・キャラバン」であることがわかりました。
 ショートはすでに2季使用しているプログラムなので、シーズン初めから松田選手の持ち味を十分に発揮できるのではないでしょうか。フリーは新しく作ったもので、イギリスのヴァイオリニスト、ナイジェル・ケネディさんが演奏する楽曲。元はアメリカのロックバンド、ドアーズの曲ですが、それをクラシック風にアレンジしています。タイトルのとおりスペイン風で、ヴァイオリンが奏でる旋律が華麗でありながらもアップテンポで激しくもあり、しっとりとした曲想のショートとは対照的な選曲ですね。シニアデビューの年なので新たな挑戦という意味合いもあるかと思いますが、大人っぽい雰囲気を醸しつつ、松田選手らしく演じてほしいなと思います。


 日本のアイスダンス王者、村元哉中&クリス・リード組は自身の公式ブログでショート、フリーと順々に演目を発表し、SDは前の記事でもお伝えしたとおり「レイ・チャールズメドレー」ですが、7月末に新たにFDが「ポエタ」であることが明かされました。
 「ポエタ」といえばスペインのギター奏者ビセンテ・アミーゴさんが1997年に発表したフラメンコ曲。フィギュア界でも幾度も用いられ、特にステファン・ランビエールさんのプログラムは伝説的演技として今も語り継がれています。そんな「ポエタ」に村元&リード組がチャレンジするということで、昨季の明るくポップなイメージからすると大転換で楽しみです。このプログラムのストーリーについて二人は、「アイデンティティのわからない女性と、そんな彼女を光に導く守護神のような人物との出会い」を描くとブログで綴っていて、この二人ならではのオリジナルの「ポエタ」が見られそうですね。


 ここからは海外選手。
 まず初めはアメリカのベテラン、アシュリー・ワグナー選手です。

c0309082_16163410.jpg

 ワグナー選手は自身の公式インスタグラムで新フリーについて動画とともに発表、イギリスのロックバンド、ミューズの楽曲「エクソジェネシス交響曲第3部」であることを明かしました。
 「エクソジェネシス交響曲」といえばフィギュア界でもしばしば使用される楽曲で、ロックバンドの楽曲ながらクラシックの趣きも濃い壮大な音楽です。女子選手が使用するのは珍しいですが、ダイナミックな滑りを持ち味とするワグナー選手に合いそうですね。ここ2シーズン演じていた「ムーラン・ルージュ」とはまた違った雰囲気になるので、楽しみです。ショートプログラムは村上選手同様、まだ発表されていません。


 元全米チャンピオンで実力者のマックス・アーロン選手はインタビュー記事で新プログラムについて、ショートは昨季と同じ「誰も寝てはならぬ 歌劇『トゥーランドット』より」、そしてフリーは新しく制作した「映画『ライオン・キング』より」で、どちらも振り付けはフィリップ・ミルズさんであると語りました。
 SPは昨季からの持ち越しですが、実際には14/15シーズンの最終盤のワールド・チーム・トロフィーでも演じているので、事実上は3シーズン連続となりますね。このプログラムで手応えを得て、アレンジしてブラッシュアップしてさらなる進化を目指したいというところでしょうか。一方、フリーの方は新しいものということで、ディズニー映画の『ライオン・キング』を演じるということで、ワイルドで男らしい演技が魅力のアーロン選手に合っているような気がします。振り付けは元バレエダンサーのミルズさんということでボーカル入りになるようなので、一体どんなプログラムになっているのか興味深いですね。


 同じくアメリカ女子のコートニー・ヒックス選手もインタビュー記事でショートとフリー、両方について明かし、ショートは「映画『マレフィセント』より」、フリーは「映画『ノートルダムの鐘』より」とのことです。
 ショート、フリーともにディズニー映画(前者は実写、後者はアニメーション)ですね。どちらもドラマティックなストーリーで、キャラクターの印象が濃い作品なので、そうしたキャラクターを演じることではっきりとした個性の出るプログラムになりそうです。前者では邪悪な要請を、後者ではヒロインであるジプシーの踊り子エスメラルダを演じるそうで、まだ20歳と若いながらも迫力のある滑りを見せるヒックス選手がどのように演じ分けるのかに注目したいですね。


 アイスダンスでは、2016年世界選手権銅メダル、アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ組がSDは「Uptown Funk You Up」「Bad to the Bone/Uptown Funk」、FDは「アンダー・プレッシャー」であることを明かしています。SDは誰の曲かなど詳細は分からないのですが、コンセプトはヒップホップになるようです。後から出てきた情報によると、SDのブルースパートはアメリカのブルースロックの歌手ジョージ・ソローグッドの代表曲と、後半のヒップホップパートは同じくアメリカの歌手ブルーノ・マーズの代表曲の組み合わせとのこと。これまでもミュージカルやバレエ、王道のクラシックなど多彩な表現、演技を見せてきたチョック&ベイツ組ですが、どちらかというと正統派のアイスダンサーというイメージだったので、ヒップホップという選曲は新鮮ですね。一方、フリーはイギリスを代表するミュージシャンであるクイーンとデヴィッド・ボウイが共作した大ヒット曲。こちらの方もやはり今までにない選曲で、五輪プレシーズンである今季に懸ける二人の意気込みが感じられますね。



 今回はこれで以上です。まだまだプログラムについて未発表の選手の方が多いので、今後も楽しみに発表の時を待ちたいと思います。では。


:記事内の写真は全て、マルチメディアサイト「Newscom」から引用させていただきました。

【参考リンク】
Aaron debut 'Lion King’free at Collegiate champs アーロン選手のフリープログラムについて報じた記事です。
The Inside Edge:Aaron,Settlage announce split 記事内にヒックス選手のプログラムについての言及があります。
Ward gets Chock,Bates into the hip-hop groove  チョック&ベイツ組のプログラムについて報じた記事です。

【ブログ内関連記事】


[PR]
トラックバックURL : http://gogoniji.exblog.jp/tb/25911614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hitsujigusa | 2016-08-19 17:00 | フィギュアスケート(大会関連) | Trackback | Comments(0)