ISUグランプリシリーズ17/18、エントリー発表

c0309082_10385337.jpg



※2017年9月6日、新たなエントリーについて追記し、エントリー表のリンクも更新しました。
※2017年9月28日、新たなエントリーと出場辞退選手について追記し、エントリー表のリンクも更新しました。
※2017年10月15日、新たなエントリーと出場辞退選手について追記しました。


 5月26日、国際スケート連盟によって17/18シーズンのグランプリシリーズのエントリーが発表されました。例年ですとGPのエントリーは6月に発表されることが多かったのですが、17/18シーズンはオリンピックシーズンということもあって、いつもより早い発表となったのでしょうね。また、今年はいつもとは試合の順番もかなり変わっており、そういった意味でもちょっと新鮮な感覚を覚えます。
 ということで、この記事では各大会ごとの注目選手をまとめつつ、GP全体の注目点なども綴っていきたいと思います。なお、以下のエントリー表は上から男子、女子、ペア、アイスダンスの順となっています。

Entries Men 2017/18 - All 6 Events
Entries Ladies 2017/18 - All 6 Events
Entries Pairs 2017/18 - All 6 Events
Entries Ice Dance 2017/18 - All 6 Events

*****

 まずは各大会ごとの主な選手をまとめます(敬称略)。そして、試合の行方についてもざっくりと占ってみたいと思います。


《ロステレコム杯》(10月20~22日)
羽生結弦、田中刑事、樋口新葉、坂本花織、須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ組、ネイサン・チェン、ミハイル・コリヤダ、デニス・テン、エフゲニア・メドベデワ、エレーナ・ラディオノワ、カロリーナ・コストナー、長洲未来、エフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ組、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組、ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー組、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組、レイチェル・パーソンズ&マイケル・パーソンズ組、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ組、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ組

 例年であればスケートアメリカがGP開幕戦となることが多いのですが、今年の開幕戦はロシアで行われるロステレコム杯となりました。
 そんな開幕戦にさっそく男女の世界チャンピオンがそろい踏み。男子は何といっても羽生選手が早々に登場。さらに16/17シーズンの主役の一人となった若手のホープ、アメリカのチェン選手もエントリーし、優勝争いではこの二人が一歩抜きん出ているかなと思います。日本からはもう一人、羽生選手と同学年の田中選手も出場。このメンバーのなかであれば、十分にメダル争いに食い込めるのではないかと思います。
 そして女子は絶対女王のメドベデワ選手が出場。彼女が圧倒的優勝候補であるのは間違いないと思いますが、それに次ぐ存在として挙げられるのは同じくロシアのラディオノワ選手やベテランのコストナー選手といったところでしょうか。しかし、日本の樋口選手も4月の世界国別対抗戦では極めて高い得点をマークしており、演技次第で2位争いも夢ではありません。また、GPデビューとなる坂本選手もジュニアながらすでに190点台のパーソナルベストを持っていますから上位に入る可能性は大いにありますね。
 一方、ペアは地元ロシアのタラソワ&モロゾフ組、ストルボワ&クリモフ組の優勝争いが濃厚かなと思います。16/17シーズン、GPファイナルと欧州選手権を制したタラソワ&モロゾフ組と、ロシア選手権を制したストルボワ&クリモフ組の同国対決は、ロシアのエースペア争いとしても興味深いですね。ただ、カナダのセガン&ビロドー組も実力はあり、ペアは大技が多い分、その成否次第で展開が読めなくなるので予想が難しいところです。日本の須藤&ブードロ―=オデ組は初めてのGP2戦エントリーですが、じわじわと力をつけてきているので楽しみにしたいですね。
 アイスダンスは世界選手権銅メダルのシブタニ&シブタニ組が軸となることは間違いないでしょう。そこにボブロワ&ソロビエフ組やギレス&ポワリエ組がどう肉薄するかに注目ですね。また、16/17シーズン出場した全ての試合を制した世界ジュニア王者のパーソンズ&パーソンズ組も楽しみな存在です。


《スケートカナダ》(10月27~29日)
宇野昌磨、無良崇人、本郷理華、本田真凛、パトリック・チャン、ジェイソン・ブラウン、マキシム・コフトゥン、チャ・ジュンファン、ケイトリン・オズモンド、アシュリー・ワグナー、カレン・チェン、アンナ・ポゴリラヤ、マリア・ソツコワ、メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組、リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコヴィッチ組、アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ組、ヴァネッサ・ジェームズ&モルガン・シプレ組、テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイア組、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ組、マディソン・ハベル&ザカリー・ドノヒュー組

 男子は世界選手権銀メダリストの宇野選手がやはり金メダル最有力でしょうか。ですが、元世界王者のチャン選手やブラウン選手といった実力者も揃っていて、おもしろい顔ぶれだなと思います。この猛者の中で表彰台に上がるためにはかなりのレベルが必要とされますので、無良選手にとっては厳しい戦いかなと思いますが、演技構成点で後塵を拝する分、技術点で補う必要がありますね。そして、もう一人の注目選手は韓国の新星チャ選手。この大会の時点でも若干16歳という若さですが、どう存在をアピールするか楽しみな存在ですね。
 女子は世界選手権銀メダリストのオズモンド選手に、2016年の世界選手権の銀メダリストであるワグナー選手、同大会の銅メダリストであるポゴリラヤ選手など、世界の表彰台経験者が顔を揃えるハイレベルなメンバーに。誰が抜きん出ているというよりも実力は拮抗していると思うので、誰が優勝してもおかしくないですね。その点でいえば、これがGPデビューとなる本田選手や本郷選手にも可能性はありますし、順位の予想をするのは難しい試合になりそうです。
 ペアは前世界王者のデュハメル&ラドフォード組が地元カナダでの大会ということもあって地の利もあるかなと思いますが、かつてほどのずば抜けた強さがあるわけではないので優勝候補筆頭と断言はしがたいですね。世界選手権銀メダルのサフチェンコ&マッソー組、欧州選手権銅メダルのジェームズ&シプレ組など、こちらも実力は伯仲なので、どのペアが優勝しても驚きません。
 アイスダンスは世界王者に返り咲いたヴァーチュー&モイア組が圧倒的な優勝候補といっていいでしょう。そこに同じくカナダのウィーバー&ポジェ組やアメリカのハベル&ドノヒュー組が続くという感じでしょうか。


《中国杯》(11月3~5日)
田中刑事、三原舞依、樋口新葉、本田真凛、ハビエル・フェルナンデス、金博洋(ジン・ボーヤン)、閻涵(ヤン・ハン)、ミハイル・コリヤダ、ヴィンセント・ゾウ、ガブリエル・デールマン、エリザヴェータ・トゥクタミシェワ、エレーナ・ラディオノワ、アリーナ・ザギトワ、グレイシー・ゴールド、隋文静(スイ・ウェンジン)&韓聰(ハン・ツォン)組、于小雨(ユー・シャオユー)&張昊(ジャン・ハオ)組、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組、マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ組、ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター組、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ組

 男子は前世界王者のフェルナンデス選手がやはり一際強いかなと思いますが、2年連続の世界選手権銅メダルの金選手も安定感を増してきておりフェルナンデス選手をも脅かすのではないでしょうか。ジュニアの世界王者であるアメリカのゾウ選手もこの大会でGPデビュー。大技の4ルッツを持っている選手ですから、その成否によってはいきなりの表彰台の可能性も高いですね。そして日本男子では唯一の出場となる田中選手にとっては強敵揃いの中、こちらもやはり4回転や3アクセルといった大技の出来が順位を左右するのかなと思います。
 女子は世界選手権銅メダルのデールマン選手始め、元世界女王のトゥクタミシェワ選手、2015年の世界選手権銅メダルのラディオノワ選手、アメリカのエース格であるゴールド選手と華やかな顔ぶれですが、そんな実力者らをも凌駕する可能性があるのがジュニアの世界女王であるザギトワ選手。ポテンシャルの高さを考えるとデビューで即優勝というのもありえますから、ある意味最大の注目選手といえます。その中で日本女子は今年の世界選手権代表の三原、樋口の両選手、さらに世界ジュニア優勝経験のある本田選手とフレッシュかつ豪華なメンバーで、優勝どころかメダリストさえ予想しづらく、全6戦の中でも最も混戦となるかもしれません。
 ペアは世界王者の隋&韓組が圧倒的に強く、同じく中国の于&張組がどこまで迫れるかといったところかなと思います。
 アイスダンスは前世界王者のパパダキス&シゼロン組がやはり揺るぎない優勝候補。2、3位は順当にいけばチョック&ベイツ組、ボブロワ&ソロビエフ組が入るのではないかと思います。


《NHK杯》(10月10~12日)
羽生結弦、村上大介、宮原知子、本郷理華、白岩優奈、須藤澄玲&フランシス・ブードロ=オデ組、村元哉中&クリス・リード組、パトリック・チャン、ジェイソン・ブラウン、アダム・リッポン、セルゲイ・ボロノフ、エフゲニア・メドベデワ、ポリーナ・ツルスカヤ、カロリーナ・コストナー、長洲未来、隋文静&韓聰組、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組、ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー組、テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイア組、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ組、マディソン・ハベル&ザカリー・ドノヒュー組

 例年はGP最終戦として行われることが多いNHK杯ですが、今年は4戦目として開催。そして男女、ペア、アイスダンス全ての現世界チャンピオンが顔をそろえる超豪華な試合に。
 男子は優勝最有力の羽生選手に、元世界王者のチャン選手が挑む構成。そこにアメリカの実力者二人が加わり、個性的な顔ぶれとなっています。2014年のNHK杯覇者である村上選手にとっては2季ぶりのGP復帰戦となります。
 そして女子はメドベデワ選手が最大の注目ですが、彼女に最も肉薄できるとすればやはり日本のエース、宮原選手ではないかと思います。しかし大ベテランのコストナー選手も怖い存在で、この3人が勢力図の中心となるでしょうね。日本からはほかに本郷選手、そしてGPデビューとなる白岩選手が出場しますから、日本開催の地の利を活かして前述の3人のあいだに割って入ってほしいですね。
 ペアは隋&韓組が2週連続で登場。須藤&ブードロー=オデ組にとっては日本での試合ですから、昨年以上の順位、点数を狙いたい大会ですね。
 アイスダンスはヴァーチュー&モイア組が優勝候補筆頭で、ベテランのカッペリーニ&ラノッテ組が次ぐという勢力図。日本のアイスダンス王者、村元&リード組も自己最高位更新を大いに望める試合となりそうです。


《フランス国際》(11月17~19日)
宇野昌磨、三原舞依、白岩優奈、ハビエル・フェルナンデス、デニス・テン、ヴィンセント・ゾウ、ケイトリン・オズモンド、エリザヴェータ・トゥクタミシェワ、マリア・ソツコワ、アリーナ・ザギトワ、グレイシー・ゴールド、ポリーナ・エドマンズ、エフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ組、ヴァネッサ・ジェームズ&モルガン・シプレ組、リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコヴィッチ組、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ組、マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ組

 15/16シーズンまで長くスポンサー企業の名を冠して「エリック・ボンパール杯」と呼ばれ、そのスポンサーが離れた16/17シーズンは「フランス杯」となっていたこの大会ですが、今年は「Internationaux de France」=「フランス国際」という大会名となっています。
 男子は宇野選手とフェルナンデス選手の一騎打ちが予想されます。ほかに現時点でこの二人と同等に張り合える選手はいなさそうなので、よっぽどのことがない限り、この二人のワンツーは確実ではないかと思います。
 女子は三原選手、オズモンド選手が軸となるかなと思いますが、近年低迷しているものの実力者のトゥクタミシェワ選手やゴールド選手、また、新星のザギトワ選手のような台風の目的な選手もおり、誰にでも優勝の可能性はあると言えます。
 ペアはタラソワ&モロゾフ組が優勝候補筆頭ですが、地元フランスのジェームズ&シプレ組もぐいぐい力を伸ばしてきており、場合によってはGP初タイトルもあるかもしれません。
 アイスダンスはこちらも地元フランスのパパダキス&シゼロン組が強力で、ウィーバー&ポジェ組、チョック&ベイツ組が2、3位を争うという展開が予想されます。


《スケートアメリカ》(11月24~26日)
無良崇人、宮原知子、坂本花織、村元哉中&クリス・リード組、金博洋、ネイサン・チェン、アダム・リッポン、マキシム・コフトゥン、セルゲイ・ボロノフ、ガブリエル・デールマン、アシュリー・ワグナー、カレン・チェン、アンナ・ポゴリラヤ、ポリーナ・ツルスカヤ、メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組、アリオナ・サフチェンコ&ブリュノ・マッソ組、于小雨&張昊組、マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ組、パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ組

 男子はチェン選手と金選手、新時代の4回転ジャンパー二人の優勝争いが濃厚。日本の無良選手は4回転、3アクセルはもちろんのこと、ベテランならではの演技力や安定感で存在感を示したいところですね。
 女子は宮原選手、デールマン選手、ワグナー選手、ポゴリラヤ選手という世界選手権表彰台経験者が4人もおり、僅差の戦いになるのかなという気がします。
 ペアは上述の3組によるメダル争いが繰り広げられると思いますが、ペアの場合大技が多い分、その成功不成功によって順位も大きく上下動するので、ここに挙げなかったダークホースの飛躍の可能性もあり予想は難しいですね。
 アイスダンスはシブタニ兄妹がやはり強いですが、もし彼らに何らかの隙があれば、その死角を突くのはベテランのカッペリーニ&ラノッテ組となるのではないでしょうか。


 さて、ここからはテーマ別に注目ポイントを見ていきます。


①日本勢

 日本勢は男子5名、女子7名、ペア1組、アイスダンス1組がエントリー。ただ、NHK杯の男子、ペア、アイスダンスでそれぞれ自国枠1が残っているので、まだ出場選手は増える予定です。
 何といっても注目はGPデビューを果たす女子の3選手ですね。特に2016年世界ジュニア優勝の本田真凛選手が先輩スケーターたちの中に割って入ってどれだけ存在感をアピールするかに注目が集まります。また、坂本花織、白岩優奈の両選手も実力を発揮できれば十分上位に入る力はあり、今シーズン三原舞依選手、樋口新葉選手がシニア1年目にして好成績を収めたことを考えても、次は誰が新たなシンデレラガールになるのだろうと楽しみでなりません。
 そして、世界王者に返り咲いた羽生結弦選手はロシアと日本にエントリー。羽生選手はここ2シーズン練習拠点としているカナダと地元開催の日本という組み合わせが多かったのですが、今年は大会の順番が大幅に入れ替わったこともあってか、GP初戦のロシアから2週あいだを空けて日本というスケジュールになりましたね。同じく男子では村上大介選手が怪我から復帰。休養が影響してエントリーはNHK杯のみとなりましたが、何かと縁の深いNHK杯で村上選手らしい演技を見せてほしいと思います。
 一方、ペアは全日本王者の須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ組が初めての2戦エントリー。初経験の難しさもあると思いますが、チャンスを活かして頑張ってほしいですね。


②GPデビュー組

 日本選手を除き17/18シーズンにGPデビューするのは男子が5名、女子が3名、ペアが1組、アイスダンスが8組です(ペア、アイスダンスはもちろんほかのパートナーと組んでの出場は別とします)。
 個人的に最も注目するのは女子の世界ジュニア王者アリーナ・ザギトワ選手。ジュニアにもかかわらずすでに210点にも迫ろうかというパーソナルベストを持ち、ショート、フリーともに全てのジャンプを後半に跳ぶという驚異的なジャンプ構成を組む新世代のスケーター。メドベデワ選手と重なる部分もありますが、メドベデワ選手を上回るとしたら彼女じゃないかという気もし、オリンピックシーズンに一躍名を上げたユリア・リプニツカヤ選手のように、一気にトップ選手への階段を駆け上がっていくのではないかと想像します。
 同じくロシアからは2015年のジュニアGPファイナル覇者ポリーナ・ツルスカヤ選手も初参戦。ポテンシャルの高さは証明済みですが、近年は怪我にも悩まされて成績面ではザギトワ選手の後塵を拝しています。そんな彼女がシニアでどう挽回し、群雄割拠のロシア女子の中で存在をアピールするのか、期待したいですね。
 男子はこちらも現世界ジュニアチャンピオンのヴィンセント・ゾウ選手がシニアデビュー。すでに4ルッツと4サルコウを武器として持っているアメリカ期待の逸材ですが、アメリカ男子といえば全米王者のネイサン・チェン選手始め、個性派のジェイソン・ブラウン選手、アダム・リッポン選手など徐々に層が厚くなってきており、ゾウ選手もその波に乗ってジュニア時代の勢いを継続させられるかどうかに注目ですね。
 また、ロシア男子からは世界ジュニア2位のドミトリー・アリエフ選手、同3位のアレクサンドル・サマリン選手が初参戦。2人ともゾウ選手にも勝るとも劣らぬ実力の持ち主ですから、今年の世界ジュニア表彰台の3人のライバル対決も楽しみですし、ロシア国内の競争という意味でも、圧倒的なエースが不在のロシア男子の中で誰が抜け出るのか、アリエフ、サマリンの両選手にもチャンスは大いにありますから楽しみです。
 ペアは2016年の世界ジュニアチャンピオン、チェコのアナ・ドゥシュコヴァ&マルティン・ビダジュ組が満を持して本格的なシニア参戦。16/17シーズンも欧州選手権、世界選手権に出場しそれぞれ7位、14位という結果を残していますから、シニアの国際大会の雰囲気にある程度慣れた上でのGPデビューになるのかなと思いますね。
 アイスダンスは実に8組がGPデビュー。中でも注目は2017年世界ジュニア王者のパーソンズ&パーソンズ組、2016年世界ジュニア王者のロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター組、2016年世界ジュニア銅、2017年世界ジュニア銀のアッラ・ロボダ&パヴェル・ドロースト組の3組でしょうか。3組ともここ数年のジュニアアイスダンス界を引っ張ってきたカップルたち。中でも特に勢いに乗っているのはアメリカのパーソンズ兄妹で、16/17シーズンは出場した全ての試合を制し鳴り物入りでのシニア挑戦となりますから、次世代のアメリカアイスダンス界を担うであろう存在として今から注目したいと思います。
 一方、同じくアメリカのマクナマラ&カーペンター組はパーソンズ兄妹と常に頂点を競ってきたカップルですが、16/17シーズンは全米ジュニアで3位、世界ジュニアでも7位に沈み、少し差を開けられてしまいました。シニアに上がってからもこの2組のライバル関係は続くでしょうから楽しみです。
 ロシアのロボダ&ドロースト組はジュニアGPファイナルで3年連続2位、世界ジュニアは3位と2位で、もう一歩頂点に届かないというケースが多いカップルではありますが、安定感は抜群とも言えます。最近のロシアアイスダンス界は北米のアイスダンス界に押され気味という状況ですから、彼らが新たな風を吹き込んでくれるといいなと思いますね。


③復帰組

 17/18シーズンはオリンピックシーズンということで競技復帰してくる選手はあまりいません。
 男子では2013年世界ジュニア王者のジョシュア・ファリス選手が競技復帰。ファリス選手といえばシニアに上がってからは怪我も多くなかなか思ったような演技ができませんでしたが、2015年の四大陸選手権では圧巻の滑りで銀メダルを獲得。さらなる飛躍を期待された矢先、15/16シーズンに練習中の転倒で脳震盪を発症。その後も幾度か同じような症状に見舞われ、今から約1年前に競技からの引退を発表していました。しかし今年の2月に競技復帰することを発表、そして今回NHK杯にエントリーされました。フィジカル的な問題が解消されたということなのだと思いますが、何よりスケートをしたいという気持ちが燃え上がってきたということなのでしょうね。まだ22歳という年齢で引退は残念と思っていたので、復帰は嬉しく思います。
 女子では16/17シーズンに競技復帰したイタリアのカロリーナ・コストナー選手が13/14シーズン以来となるGPエントリー。もしファイナル進出となれば2011年以来となりますし、10代の選手が中心となる女子フィギュア界で30代に突入したコストナー選手が戦う価値というのはとてつもなく大きいと思うので、ぜひ期待したいですね。
 そして、同じく女子では怪我のために16/17シーズンをフル休養したアメリカのポリーナ・エドマンズ選手が復帰。エントリーはフランス大会の1戦のみですが、ソチ五輪後は体の成長や怪我に悩まされた彼女の久方ぶりの元気な姿を楽しみにしたいですね。


④欠場組

 有力選手でGPにエントリーしていない選手たちにも少し目を向けてみたいと思います。
 女子ではソチ五輪女王のアデリナ・ソトニコワ選手が16/17シーズンに続きノーエントリー。ソトニコワ選手は2015年末のロシア選手権を最後に競技会には参加しておらず、半分引退のような状態になっています。ただ、この4月にあのエフゲニー・プルシェンコさんがソトニコワ選手のコーチに就任したというニュースが入って来ており、平昌五輪に向けて徐々に準備は進めているようですね。
 一方、ペアでは同じくソチ五輪金メダルのタチアナ・ボロソジャー&マキシム・トランコフ組もGPにはエントリーせず。ボロソジャー選手とトランコフ選手といえばプライベートでも夫婦で今年2月に第1子となる女の子が誕生したばかり。平昌五輪を目指すのかどうかといったことについては明確な情報は発表されていませんが、ボロソジャー選手のフィジカル的な問題もあるでしょうし、何かしらの発表があるのを待ちたいですね。
 同じくロシアのペア、川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組もエントリーはされていません。川口&スミルノフ組は2016年末のロシア選手権で5位にとどまって欧州選手権や世界選手権の代表を逃しました。が、現在でも世界ランキングは20位なのでエントリーされてもおかしくないかなと思うのですが、GPはパスしてオリンピックを目指すという方法ももちろんあるので、彼らがどういった道で17/18シーズンを歩んでいくのか注視したいですね。



 さて、この記事はここで一旦終了しますが、まだまだ出場枠は空いており、今後も新たな出場選手が決まっていくでしょうから、判明し次第この記事内に追記していきたいと思います。では。


※以下、2017年9月6日に追記した部分です。


 最初のエントリー発表後に追加された新たなエントリーについて追記します。
 男女、ペア、アイスダンスを通して現時点で追加出場が決まっている選手は1人のみで、それがNHK杯の男子の空いていた自国枠での出場が決まった佐藤洸彬選手です。国内大会や海外のB級大会を主戦場としてきた佐藤選手にとってGPはもちろん初めての大舞台、そしてGPデビューが自国開催のNHK杯というまたとないチャンスでもあります。佐藤選手のあの唯一無二の、個性あふれる演技がNHK杯で見られるのは本当に楽しみですね。


※以下、2017年9月28日に追記した部分です。


 9月6日の追記以降に追加された新たな出場選手と出場辞退選手について駆け足でまとめたいと思います。
 まずは男子。初戦のロステレコム杯の自国枠1に昨季のロシア選手権4位のアンドレイ・ラズキン選手がエントリー。ラズキン選手は昨季シニアに上がった今年20歳になる若手で、GPはもちろん初めてです。2戦目のスケートカナダの自国枠での出場が決まったニコラ・ナドー選手は今季がシニアデビューでGP初参戦。2016年の世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得した実力者で、こちらも昨季のカナダ選手権で4位に入っており、さらなる飛躍が期待される新星です。そして3戦目の中国杯の自国枠には張鶴(ジャン・ヘ)選手がエントリー。張選手はジュニアGPで6度表彰台に立った経験のある実力の持ち主で、昨年の中国杯にもエントリーはしていたのですが、直前になって出場を辞退、以降も試合に出場していませんでした。理由が怪我だったのか何なのかははっきりとはわかりませんが、1年遅れでの待ちに待ったシニアデビューということで楽しみですね。最終戦のスケートアメリカの自国枠にはロス・マイナー選手がエントリー。マイナー選手はこの1試合のみの出場ですが、元々GPで3度表彰台に立っている力のある選手ですから、上位に食い込むことも期待できますね。一方、NHK杯にエントリーしていたアメリカのジョシュア・ファリス選手は出場を辞退。理由に関しては発表されていませんが、ファリス選手といえば2016年に一度引退し、今年になって再び競技に復帰することを発表したばかりで、久しぶりのGP出場を楽しみにしていたので残念です。どんな理由での辞退なのかわからないので少し心配ですが、オリンピック代表を目指すということあれば1月の全米選手権に向けて調整することになると思うので、成り行きを見守りたいですね。
 続いて女子。ロステレコム杯の空白だった自国枠にはヴァレリア・ミハイロワ選手がエントリー。ミハイロワ選手は15/16シーズンにジュニアGPに参戦して2試合で4位と5位という成績を残していますが、それ以外に目立った実績はありません。どういった選手なのかあまり情報もないのですが、2002年生まれで現在15歳とあのアリーナ・ザギトワ選手と同い年で、もしかしたら大化けするかもしれませんから注目ですね。同じくロステレコム杯、当初エントリーしていたハンガリーのトース・イヴェット選手が負傷のため出場を辞退し、代わりにドイツのニコル・ショット選手がエントリーされました。ショット選手はチャレンジャーシリーズなどB級国際大会を中心に活躍してきた選手で、GPは初出場となります。続いて2戦目のスケートカナダの自国枠にラーキン・オストマン選手がエントリー。オストマン選手は昨季のカナダ選手権で4位となっており、GPはこちらも初めてです。最終戦のスケートアメリカの自国枠にはブラディー・テネル選手がエントリー。テネル選手といえば先日のロンバルディアトロフィーでは190点台をマークして4位に入っており、今季躍進が期待される若手の一人。アメリカ女子の五輪代表争いは混沌としているので場合によってはテネル選手にもチャンスが回ってきそうですね。
 次はペアです。ロステレコム杯は自国枠にクリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ組が新たにエントリー。アスタホワ&ロゴノフ組はすでにNHK杯への出場が決まっているのでこれで2試合出場決定です。そして出場を辞退した中国の王雪涵(ワン・シュエハン)&王磊(ワン・レイ)組に代わってオーストリアのミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー組が新たにエントリーされました。2戦目のスケートカナダの自国枠にはシドニー・コロジージュ&マキシム・デシャン組がエントリー。中国杯は自国枠に新たにジャン・ミンヤン&ソン・ボーエン組がエントリーした一方、アメリカのタラ・ケイン&ダニエル・オシェア組が辞退して空いた枠に、同じくアメリカのアシュリー・ケイン&ティモシー・ルデュク組が入りました。そしてNHK杯の自国枠には全日本選手権2位の須崎海羽&木原龍一組がエントリー。木原選手は高橋成美選手とのペアでNHK杯に出場したことはありますが、須崎&木原組としてはもちろん初出場となります。第5戦となるフランス国際の自国枠にはローラ・エスブラ&アンドレイ・ノヴォセロフ組がエントリー。エスブラ&ノヴォセロフ組は昨年のこの大会にもエントリーしていましたが、何らかの事情で直前に辞退していたので1年越しの出場となります。そして最後、スケートアメリカの自国枠にはディアナ・ステラート&ネイサン・バーソロメイ組がエントリー。女性のステラート選手はかつてシングル選手として世界ジュニア選手権2位という成績を残しながらも若くして引退、しかし昨年ペア選手として現役復帰を表明したというドラマチックな経歴の持ち主。昨シーズンはいきなり全米選手権で4位とさっそく好結果を出していて、いろんな意味で注目のペアですね。
 最後はアイスダンスです。初戦のロステレコム杯の自国枠にソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン組がエントリー。NHK杯の自国枠には全日本選手権3位の小松原美里&ティモシー・コレト組が入りました。小松原選手もコレト選手もほかのパートナーとのカップルでのB級国際大会の経験は豊富ですがGP出場は初めてです。そしてフランス国際の自国枠にはロレンツァ・アレッサンドリーニ&ピエール・スーケ組がエントリー。最終戦のスケートアメリカの自国枠には昨季の世界ジュニア王者のレイチェル・パーソンズ&マイケル・パーソンズ組が入り、これでパーソンズ兄妹はロステレコム杯との2試合出場が決まりました。


※以下、2017年10月15日に追記した部分です。


 前回の追記以降も出場選手の変更があったので足早に追記させていただきます。
 まずは女子からですが、初戦のロステレコム杯にエントリーしていた韓国のパク・ソヨン選手が出場を辞退。その代わりにアルメニアのアナスタシア・ガルスチャン選手が新たにエントリーされました。ガルスチャン選手といえば昨季も当初出場予定だった選手たちの辞退によって、GP2試合出場の権利を得るという幸運に恵まれた選手であり、今年は今のところロステレコム杯の1試合のみですが、再びチャンスが回ってきたということでぜひ頑張ってほしいですね。また、パク選手はNHK杯には変わらずエントリーしていますので、そちらにはぜひ間に合ってほしいと思います。そして2戦目のスケートカナダにエントリーしていたこちらも韓国のキム・ナヒョン選手も辞退ということで、その代役としてオーストラリアのカイラ二・クレイン選手の出場が決定。クレイン選手にとっては初めてのGPとなりますが、今季はネーベルホルントロフィーで優勝するなど地力が上がってきたことを示していて、GPでも自己ベスト更新を目指してほしいと思います。同じくスケートカナダでは、イタリアのロベルタ・ロデギエーロ選手も出場を辞退。代わりにアメリカのコートニー・ヒックス選手が入りました。ヒックス選手はGPはこの1試合のみのエントリーですが、昨季もロステレコム杯で表彰台に立っているほどの選手なので、1試合のみ、しかも負傷者の代役出場というのが不思議なくらいです。それだけ枠も限られているということなのですが、アメリカ女子の争いが混沌としている中、GP出場は大きなチャンスだと思うので期待したいですね。そしてつい昨日入ってきたのが、前全米女王のグレイシー・ゴールド選手が摂食障害やうつ病などの治療のため、中国杯とフランス国際を辞退するという驚きのニュースです。ゴールド選手は先日のジャパンオープンもコンディション不良を理由に出場を取りやめていますが、思った以上に深刻な状態だったのですね。彼女の演技がしばらく見られないのは残念ですが、心身の健康が何よりも大切ですから、焦らずじっくりと治療に専念して、また元気な姿を見せてほしいと思います。
 続いては男子です。2戦目のスケートカナダにエントリーしていたロシアのマキシム・コフトゥン選手が背中の負傷のため辞退。代わりにチェコのベテラン、ミハル・ブレジナ選手がエントリーされました。ブレジナ選手はすでにNHK杯にエントリー済みですので、これで2試合出場が決定。09/10シーズンから9季連続での2試合エントリーということで、同世代の選手たちが次々と競技から去っていく中、継続するということの素晴らしさを感じさせてくれますね。一方、辞退となったコフトゥン選手ももう1試合のスケートアメリカのエントリーに変更はなく、それまでには無事復帰できるといいなと願っています。同じくスケートカナダに出場予定だったフランスのシャフィク・ベセギエ選手も辞退(もう1試合のフランス大会への出場予定は変わっていません)。代わりにドイツのパウル・フェンツ選手がエントリーされました。フェンツ選手は25歳とベテランですが、GPは初めてです。そして、前回の追記の時に言及したアメリカのジョシュア・ファリス選手の辞退によって空いたNHK杯の1枠には、カナダのナム・グエン選手が入りました。グエン選手はこれでロステレコム杯とNHK杯、2試合出場となります。
 アイスダンスでは、ロステレコム杯にエントリーしていたロシアのソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン組が出場を辞退。同じくロシアのベティナ・ポポワ&セルゲイ・モズコフ組がエントリーされました。ポポワ&モズコフ組は昨季結成したばかりのカップルということでこの二人での実績はほぼありませんが、ジュニア時代はそれぞれ別のパートナーとともに何度も表彰台に立った実力の持ち主です。今季はさっそくオンドレイネペラトロフィーで銅メダルを獲得していて、今後のロシアアイスダンス界を担う存在として活躍が楽しみな若手カップルですね。


:記事冒頭の国際スケート連盟のロゴは、国際スケート連盟フィギュアスケート部門の公式フェイスブックページから引用させていただきました。

[PR]
トラックバックURL : http://gogoniji.exblog.jp/tb/26701959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hitsujigusa | 2017-05-31 02:00 | フィギュアスケート(大会関連) | Trackback | Comments(0)