ベストコスチューム16/17・男子ショートプログラム部門

c0309082_10385337.jpg


 16/17シーズンのコスチュームのベスト10を勝手に決めるベストコスチューム16/17。今回は男子のショートプログラムで使用された衣装のベスト10です。なお、この記事を書くにあたってのシステムについては、こちらの記事の冒頭をご覧ください。

*****

 男子のSP1位は、アメリカのネイサン・チェン選手の「バレエ「海賊」より」です。

c0309082_17033858.jpg

 バレエ「海賊」はギリシャを舞台にした作品。ということで「海賊」を演じる場合、エキゾチックな衣装が使用されることが多く、チェン選手もGP初戦のフランス杯では白いシャツに東洋風の柄の袖なしボレロを重ねたコスチュームだったのですが、NHK杯からは写真の全身黒の衣装を着用しています。
 衣装の形としては襟付きのレース調の黒いトップスに、同じく黒い半袖のボレロを重ねたスタイル。パンツももちろん黒で、その前に来ていた衣装と比べると「海賊」らしいエキゾチックさは鳴りを潜めています。ですが、上半身のレースはところどころペイズリー柄っぽい模様になっており、控えめながらエキゾチックさが表現されていますし、かなり丈の短いボレロも一般的な洋服にはない形ですので、西洋でもなく東洋でもない独特の雰囲気が醸し出されています。また、全身黒にしたことによってチェン選手の体の線の美しさ、身のこなしの美しさがきれいに氷に映えるようになっていて、プログラムに合わせるだけではなく、チェン選手の魅力を存分に引き出すコスチュームだなと感じます。


 2位は日本の宇野昌磨選手の「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より」。

c0309082_15584550.jpg

 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』の中で演奏されるヴァイオリン協奏曲「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」を使用したプログラム。衣装は2種類あり、シーズン初戦から四大陸選手権まではラベンダー色の衣装、冬季アジア大会から世界国別対抗戦までは写真のブルーの衣装でしたが、個人的により好きな後者を選ばせていただきました。
 衣装はブルーのスタンドカラーのシャツに黒いパンツというスタイル。シャツは上から下に向かって濃くなっていくグラデーションで、全体的に細かなビジューが散りばめられていて華やかです。特に襟や袖口の周辺には集中的にビジューがあしらわれており、襟の周りは曲線状の模様も施されていて、シックさときらびやかさのバランスがうまく取れているコスチュームだと思います。


 3位はウズベキスタンのミーシャ・ジー選手の「黒くぬれ!」です。

c0309082_16250617.jpg

 16/17シーズンのジー選手は2つのショートプログラムを使用し、「黒くぬれ!」はシーズン前半に演じたプログラムです。その「黒くぬれ!」はローリング・ストーンズのヒット曲ですが、ジー選手が使用しているのはアメリカの歌手シアラがカバーしたバージョン。
 「黒くぬれ!」ということで衣装ももちろん黒。上半身は黒をベースに繊細なビジューによって幾何学模様がデザインされていて、非常にスタイリッシュな印象を与えます。こういった模様はともすれば野暮ったい印象を与えかねないと思うのですが、衣装の素材にそのままプリントするのではなく、ビジューによって立体感のある模様になっているので、新鮮味のあるコスチュームになっているなと感じますね。


 4位は韓国のイ・シヒョン選手の「映画『アマデウス』より」。

c0309082_17114894.jpg

 モーツァルトを題材にした映画『アマデウス』のサウンドトラックを使用した華麗なプログラム。ということで衣装もモーツァルトの生きた中世の時代らしさを意識したデザインとなっています。
 下に着た白シャツはシルクのような光沢のある生地で袖口は金色に縁取りされ、形もフリルっぽくなっています。そして首元はダイヤモンド風の装飾で白いタイを締めたようなスタイルで、タイは袖口と同様のデザインに。何よりも目を引くのが鮮やかな赤のベスト。金糸で葉っぱが連なったような模様の刺繍が惜しげもなく施されており、非常にゴージャズな印象を与えます。“モーツァルトらしさ”を前面に押し出した衣装で、プログラムの華やかさとも合っていて良いですね。


 5位はカザフスタンのデニス・テン選手の「幻想序曲「ロメオとジュリエット」」です。

c0309082_17450417.jpg

 チャイコフスキーの代表作の一つ、「ロメオとジュリエット」を一部ヒップホップ調にアレンジした個性的なプログラム。シーズンを通して複数種類の衣装が使用されましたが、今回選んだのはフランス杯で用いられた衣装です。
 コスチュームはレザーっぽい素材を使った硬質感のある作り。黒い長袖トップスの上にジッパー付きのベストを重ねたようなスタイルですが、そのジッパーを境目に左右非対称なデザインとなっています。テン選手から見て左側は縦に複数のラインが入り、右側はビジューが均等に配置されたデザイン。全体的にどことなく日本の戦隊モノのヒーローが着ているスーツのような雰囲気がありますが、色を黒やグレーでまとめ、さまざまな異素材を組み合わせることで、クールでスタイリッシュな雰囲気が醸し出されていますし、何よりヒップホップアレンジがなされたプログラムの世界観にも合っていて、唯一無二のオリジナリティーを表現できていると思いますね。


 6位はロシアのマキシム・コフトゥン選手の「Bahamut」です。

c0309082_18305057.jpg

 アメリカのワールドミュージックバンド“Hazmat Modine”の「Bahamut」という曲を使用した、どこか異国情緒を感じさせるような、それでいて現代的なアレンジも利いた不思議な世界観のプログラムとなっており、それに合わせたコスチュームも個性的です。
 白いTシャツの上に黒いジャケットを重ねたコーディネート自体はシンプルな着こなし。ですが、ジャケットはたくさんのワッペンが貼りつけられたようなデザインになっていて、インパクトがあります。Tシャツ&ジャケットというスタイル自体は現代の若者ならば誰でもするような一般的なコーディネートで、フィギュアスケートの衣装という感じが全くないカジュアルさなのですが、さらにそのジャケットに大量のワッペンがあしらわれていることによって、一般の人が日常生活の中で着る服とは違う、どこかしらステージ衣装のような雰囲気も醸していて、フィギュアスケートの衣装というステレオタイプのイメージを良い意味で裏切るおもしろいコスチュームだと思いますし、ジャンルを特定できない音楽の世界観だからこそ、コスチュームもステレオタイプのイメージにハマっていないのが良いのかなという気がしますね。


 7位は日本の無良崇人選手の「Zepateado」です。

c0309082_01450729.jpg

 無良選手の新境地を示したフラメンコプログラムですが、フラメンコにも関わらずあえていかにもスペイン風といった感じの色づかいをしていないところに新鮮さを感じさせます。
 フラメンコを使用したプログラムは数多くあり、多くの場合、赤や黒、もしくはオレンジ、金色など、スペインらしさを前面に押し出した色づかいが多く見られるのですが、無良選手の衣装は白と黒というフラメンコではあまり見ない色づかい。ですが、素材感や意匠などでフラメンコらしさを表しています。最も特徴的なのはやはり首から胸元にかけて施されたフリンジでしょうか。フリンジ自体は特にスペインらしいというものではありませんが、目を引くアクセントになっていますね。一方、袖はヒラヒラとしたフリルのようになっていて、フラメンコの踊り子が着るドレスに似た作りに。そして、ベースとなる白い生地はよく見るとレース調の花柄になっていて、それが派手すぎず地味すぎない絶妙な模様を浮かび上がらせていて、品のあるフラメンココスチュームになっていて良いなと思いますね。


 8位はアメリカのアダム・リッポン選手の「Let Me Think About It」。

c0309082_15085045.jpg

 ノリノリのダンスミュージックということで、ノースリーブのランニング姿という思いきった大胆なコスチューム。ともすればチープになりかねないタイプの衣装かなとも思うのですが、素材を体の正面は光沢感のある生地、体の側面は透け感のある生地と工夫しているので、野暮ったさを感じさせません。また、体の左側にビジューで施された模様もブルーを基調にシックな色づかいで、シャープさとクールさを感じさせるラインの入れ方がなされていて、シンプルではあるものの考えられているなと感じます。
 実は男子選手のノースリーブのコスチュームが解禁されたのは16/17シーズンからということで(そもそも禁止ということさえ知らなかったのですが)、その第1号(たぶん)としても記念すべき革新的な衣装と言えると思うので、その意味もあって選ばせていただきました。


 9位はイスラエルのアレクセイ・ビチェンコ選手の「Chambermaid Swing」です。

c0309082_15233485.jpg

 “Chambermaid”とはいわゆる召使いとか使用人みたいなことだと思うのですが、そんな音楽の世界観をイメージしてか衣装もどことなく召使いっぽいデザインとなっています。白いシャツにベスト、ジャケット、蝶ネクタイというスタイルだけでは“召使い感”は出ないと思うのですが、ポイントとなるのは色づかいで、ブラウンという比較的カジュアルで庶民的な色をベースにしたことによって、召使いを使う側の主人の方ではなくて、召使いの方を演じているという雰囲気がよく表現できているなと思います。さらにジャケットはチェック柄になっているので、“Swing”らしい軽快さも出ていて良いですね。


 10位はロシアのアレクサンドル・ペトロフ選手の「火祭りの踊り バレエ「恋は魔術師」より」。

c0309082_15474309.jpg

 スペインを代表する作曲家マヌエル・デ・ファリャのバレエ「恋は魔術師」の中でも特に有名な「火祭りの踊り」を使用したプログラム。エキゾチックで怪しげな旋律が印象的な曲ですが、ペトロフ選手の衣装もエキゾチックさを強く意識したデザインになっています。
 何といっても目を引くのは金色のトップス。全体的にプリントされた格子柄のような模様にしても、さらに肩から二の腕を覆う部分の作りにしても、西洋の鎧のような雰囲気を醸し出しています。しかし、ところどころに細かなフリンジがあしらわれていたり赤い宝石風のビジューが施されていたりと装飾性もあり、衣装の形と色、装飾の使い方に良い意味でギャップが感じられます。また、腰に締めた赤いベルトもアクセントになっていて、無良選手のところで上述したようにスペイン風衣装の定番である赤と黒と金色がきっちり揃っています。が、普通ならば赤をメインに用いて、金色をポイントカラーとしてアクセント的に使うことが多いので、それが全く逆になっているこのコスチュームはある意味思い切った、珍しいタイプのスペイン風衣装だなと思います。



 さて、ベストコスチューム16/17・男子SP部門は以上です。男子フリー部門に続きます。


:記事冒頭の国際スケート連盟のロゴは、国際スケート連盟フィギュアスケート部門の公式フェイスブックページから、チェン選手の衣装、無良選手の写真、リッポン選手の写真、ビチェンコ選手の写真、ペトロフ選手の写真は、マルチメディアサイト「Newscom」から、宇野選手の写真、テン選手の写真は、スポーツ情報サイト「スポーツナビ」のフィギュアスケートページから、ジー選手の写真、イ選手の写真は、写真画像サイト「ゲッティイメージズ」から、コフトゥン選手の写真は、フィギュアスケート情報サイト「Absolute Skating」から引用させていただきました。

【ブログ内関連記事】
ベストコスチューム16/17・アイスダンスショートダンス部門 2017年5月25日
ベストコスチューム16/17・アイスダンスフリーダンス部門 2017年6月1日
ベストコスチューム16/17・男子フリー部門 2017年6月15日
ベストコスチューム16/17・ペアショートプログラム部門 2017年6月28日
ベストコスチューム16/17・ペアフリー部門 2017年7月3日
ベストコスチューム16/17・女子ショートプログラム部門 2017年7月8日
ベストコスチューム16/17・女子フリー部門 2017年7月12日

[PR]
トラックバックURL : http://gogoniji.exblog.jp/tb/26726414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hitsujigusa | 2017-06-09 16:59 | フィギュアスケート(衣装関連) | Trackback | Comments(0)