ベストコスチューム16/17・ペアショートプログラム部門

c0309082_10385337.jpg


 ベストコスチューム16/17、ペアのショートプログラムの衣装の個人的なベスト10を紹介していきます。なお、衣装を選ぶ際のルールについては、こちらの記事をご覧ください。

*****

 ペアSP部門第1位は、アメリカのヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー組の「ミュージカル「ドンファン」より」。

c0309082_14083983.jpg

 スペインの伝説的人物ドン・ファンを題材にしたミュージカルの音楽を使用したプログラム。衣装はシーズンを通して2種類使用され、ほとんどの試合で使用されたのは男女ともに赤を基調とした衣装でしたが、今回は個人的に好きな黒い衣装の方を選ばせていただきました。
 女性のデニー選手は黒のノースリーブのワンピースで、肩の部分にはヒラヒラとしたフリルがついています。そして胸元やスカートのスリットを中心に、金色の繊細な装飾が施されていて、頭には同じようなデザインの髪飾りも見られます。この金色の装飾によってスペインらしさが強調されていますね。一方、男性のフレイジャー選手の方は白い開襟シャツにポーラー・タイのような細めの黒いタイを締め、パンツは黒にこちらも金色でスペイン風のエキゾチックな模様があしらわれています。
 色だけでいうならもう一つの赤い衣装の方がよりスペインらしいとは思うのですが、黒というシックな色をベースにしながらも、コスチュームの形だったり金色のアクセント的な使い方の巧さだったりでスペインらしさを表現したこちらの衣装も、非常に工夫が凝らされていて素晴らしいなと思いますね。


 2位はロシアのエフゲニア・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ組の「Glam (Electro Swing Remix)」です。

c0309082_01054070.jpg

 フランスのエレクトロ・スウィング歌手ディミー・キャットの楽曲を使用したアップテンポでポップなプログラム。ということでコスチュームも華やさを前面に押し出しています。
 女性のタラソワ選手は、パール風の装飾がふんだんにあしらわれた細いストラップのホルターネック風ワンピース。シルバーを基調に、ボディ部分は斜めのラインが細かく入った規則的な模様が全面にあしらわれています。そしてスカートは同じくシルバーのフリンジで、ダンスナンバーらしさをよく表わしていますね。他方、男性のモロゾフ選手はイエローを基調とした長袖トップスに黒いパンツの組み合わせ。トップスはV字ネックで、中央に小さめのボタンが並び、光沢感のあるイエロー(というよりゴールド?)、ブロンズ色、シルバーが縦に並んでいて、女性の衣装と共通したデザインとなっています。色づかいからは軽快さを感じますが、衣装の形からは端正さ、上品さというのも感じられて、バランスの取れた衣装になっているなと思いますね。


 3位は中国の彭程(ペン・チェン)&金楊(ジン・ヤン)組の「My Drag」です。

c0309082_14273100.jpg

 アメリカのミュージシャン、ジンボ・マサスの楽曲を使用したユーモラスなプログラムで、衣装も個性的なデザインとなっています。
 女性はチューブトップ型の青と黒を基調にしたワンピース姿で、首と腕にそれぞれ黒のチョーカーとアームカバーをつけてアクセントにしています。ワンピースは右側がラインストーンを散りばめた青、左側が黒と2種類の生地を繋ぎ合わせたようなデザインとなっていて、その黒い生地の方にはシルバーの格子柄があしらわれており、このどことなくちぐはぐとしたミスマッチ感が、このプログラムの不思議な世界観には逆に合っていて良い味を出しているような気がします。そして男性の方は写真だと見にくいですが、長袖シャツにベストを重ねたようなコスチューム。こちらも黒と青を基調としていますが、襟元にポイントカラーとして赤を差していますし、服の形も素材づかいも独特で、女性同様に不思議な世界観を醸し出しています。
 衣装単独として見るととても不思議な感じなのですが、プログラムの表現の一部として見るとなんとなくマッチして見えるおもしろい衣装ですね。


 4位はカナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組の「Killer」です。

c0309082_14430242.jpg

 「Killer」はアメリカのソウル歌手シールの楽曲。クールでパワフルな音楽とあって、衣装も男女ともにパンツルックというカッコいいコスチュームになっています。
 まず男性はトップスにシルバーのラインストーンでランダムなラインがあしらわれた衣装。それ以外に特徴的な部分はありませんが、全身黒の中にシルバーの独特な模様が浮かび上がるデザインはどこか前衛的なアートのようにも見えて印象的です。そして女性も同じ柄が入ったトップスに黒のパンツというスタイル。男性と違うのはトップスが胸元から首元へと植物が這うような作りになっていることで、この部分にもボディ部分と同じようなシルバーの模様が施されていてインパクトのあるデザインとなっています。
 シンプルと言えば実にシンプルな両コスチュームですが、一部分の模様やデザインだけでほかにはない特徴的でオリジナリティーのある衣装に仕上げていて、考えられているなと感じますね。


 5位はフランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ組の「Earned It 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』より」。

c0309082_23120307.jpg

 2014年公開のヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラの一曲「Earned It」を使用したプログラム。映画自体は過激な恋愛映画ですが、この曲はアップテンポなパートもありつつも、しっとりとしたバラードのような趣きもある曲調です。
 コスチュームは男女ともに黒を基調としたクール系。女性はストラップの細いワンピースで、ストラップと胸元の縁取りがキラキラとしたラインストーンで華やかかつゴージャスに彩られています。胸から下は肌が透けるように横と縦にラインが入り、それがスカートまで続き、さらにスカートはチュールを重ねたような作りになっています。そして最も特徴的なのは腰に締めたベルトで、普通ならばワンピースに合わせることのないベルトを使うことでほどよいギャップを生み出していて、インパクトのある衣装にしています。一方、男性はライダースジャケット風のトップスに、太もも部分にジッパーが縫いつけられたパンツというコーディネート。トップスはライダースジャケット風ではありますが、襟はスタンドカラーという個性的な作りで、肩の部分にはラインストーンもあしらわれていて、こちらも良い意味でのギャップが感じられるコスチュームです。
 どちらの衣装も現代のカジュアルファッションのアイテムを巧く取りこみつつ、フィギュアスケートのコスチュームとしても見栄えのするものに仕上げたよく練られた衣装と言えます。


 6位はロシアのナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト組の「ロマンス 映画『吹雪』より」。

c0309082_14093253.jpg

 プーシキンの恋愛小説が原作のソ連映画『吹雪』の音楽を、演奏会用の組曲にまとめた中の一曲「ロマンス」を使用したプログラム。ストーリーとしては裕福な家の娘と貧しい軍人の青年との悲劇的な恋愛を描いた作品ということで、ザビアコ&エンベルト組の衣装も映画の世界観を忠実に再現したものとなっていますね。
 女性は淡いミントグリーンの半袖ワンピース。じっくり見ると、ベースとなるミントグリーンの素材の上に白いレースを重ねたような作りになっていて、お嬢さまらしいエレガンスを醸し出しています。男性は軍服風のコスチューム。ですが、白を基調としているので軍服ではあるものの清潔感と品があります。また、金色を効果的に使っていて、ゴージャスさもありますが過剰過ぎず控えめなのが良いですね。


 7位は中国の王雪涵(ワン・シュエハン)&王磊(ワン・レイ)組の「Steppin' Out with My Baby」です。

c0309082_22454044.jpg

 ミュージカル映画『イースター・パレード』の劇中曲「Steppin' Out with My Baby」。有名なポピュラー・ソングですが、王&王組が使用しているのは“Jumpin' Joz Band”というグループがカバーしたバージョン。
 女性は鮮やかな濃いめのピンクのストラップレスドレス姿。胸元は大きく開いていて、そのあたりを中心に細かなラインストーンやビジューが多数散りばめられています。そこまで個性的な模様やデザインというわけではありませんが、明るいプログラムの雰囲気によく合った色づかいで好いと思います。男性の方はより個性的な衣装。シャツに黒い上着という一見スタンダードなスタイルですが、シャツはうっすらストライプが入った淡いグレーで、大きめの襟にラインストーンがぎっしりあしらわれ、ボタンも大きめという個性的なデザイン。上着も襟にラインストーンが貼りつけられていますし、襟元につけられた飾りもネクタイでもなければリボンでもない青と黒のコサージュのような装飾品で、どのアイテムを取ってもオーソドックスとは違う一工夫のあるデザインになっているというところがポイントですね。また、シャツをあえてパンツの外に出して裾を見せるなど着こなしもスタンダードスタイルを外していて、軽快な音楽の世界観、空気感を意識してのラフさなのかなと思います。


 8位はカナダのカーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ組の「ハートブレイク・ホテル」です。

c0309082_23303258.jpg

 エルヴィス・プレスリーの代表曲「ハートブレイク・ホテル」をビリー・ジョエルがカバーしたバージョンを使用したプログラム。プレスリーバージョンよりスローテンポで少しバラードのような趣きがあるでしょうか。
 衣装は男女で違う色づかい。女性は黒っぽい色の上半身にいろんなサイズのビジューをぎっしりと敷き詰め、スカートは淡いマーブル模様という個性的なワンピース。そして男性は上下ともに黒で、襟の周辺だけに女性同様にビジューがふんだんにあしらわれたデザインとなっています。何といっても男女ともにポイントとなるのはたっぷり敷き詰められたビジューかなと思いますが、衣装のベースとなる色自体が派手ではない分、ビジューによって華やかさを出していて良いですね。また、ビジューの大きさも形もさまざまで、大きさや形がきっちり揃えられているよりも見た目に変化があって、印象に残りやすいコスチュームになっているのかなとも思います。


 9位はイタリアのヴァレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク組の「セヴン・ネイション・アーミー」です。

c0309082_14542331.jpg

 アメリカの姉弟ロックデュオ、ザ・ホワイト・ストライプスのヒット曲「セヴン・ネイション・アーミー」。この曲を、ポップソングをオールドジャズ風にアレンジして歌う“Postmodern Jukebox”というバンドがカバーしたバージョンをマルケイ&ホタレク組は使用していて、マルケイ選手の衣装もこの“Postmodern Jukebox”のミュージックビデオの中でボーカルを務めている女性が着ているドレスを参考にしたデザインとなっています。
 まずはその女性の衣装から。黒と金色を大胆に使った派手めなワンピースで、金色のラインがまるでピラミッドのようでもありSFチックでもあります。しかしスカートの裾はフリンジで、腕には黒いロンググローブを着用していて、古き良き時代のアメリカのパーティーガールの雰囲気を醸し出しています。一方、男性は白シャツに黒い蝶ネクタイ、黒いサスペンダー、黒いパンツというシックなスタイルで、女性の華やかさを引き立てています。また、このサスペンダーを演技の冒頭では外していて、演技が始まると肩にかけるという振り付けもあり、まさに音楽とコスチュームがピタリと合った、うまく活かした衣装だなと思います。


 10位はアメリカのマリッサ・カステリ&マーヴィン・トラン組の「Fallin’」です。

c0309082_15541503.jpg

 アメリカの歌手アリシア・キーズのヒット曲「Fallin’」をラテン風にアレンジしたダンスナンバープログラム。とはいってもノリノリな感じのダンスではなく、クールな面が強いカッコいい感じのダンスナンバーなので、衣装もシックな色づかいとなっています。
 女性は上の写真だと分かりにくいかもしれませんが、太めのストラップを首にかけ、そのストラップが背中側から右肩に繋がって腕を覆っているというアシンメトリーな形のネイビーのワンピース。さらに体の左側は脇からお腹にかけて肌がのぞくような個性的な作りになっていて、スカートの形状も部分によって長さを変えており、意外に着こなすのが難しいデザインかなという気もするのですが、カステリ選手はそれを見事にクールに着こなしていますね。そして男性のトラン選手は同じくネイビーのトップスに黒いパンツ。女性よりはシンプルなデザインですが、こちらもネックはV字でもなければU字でもない独特の形状になっていて、細かい部分で女性の衣装との統一性があって、工夫されているなと感じますね。



 ペアショートプログラム部門のベスト10は以上です。続いてペアフリー部門ですが、もう少し記事アップまでお待ちください。では。


:記事冒頭の国際スケート連盟のロゴは、国際スケート連盟フィギュアスケート部門の公式フェイスブックページから、デニー&フレイジャー組の画像、タラソワ&モロゾフ組の画像、王&王組の画像は、マルチメディアサイト「Newscom」から、彭&金組の画像は、マルチメディアサイト「Zimbio」から、デュハメル&ラドフォード組の画像は、フィギュアスケート情報サイト「Absolute skating」から、ジェームス&シプレ組の画像は、スケート情報サイト「icenetwork」が2017年2月2日に配信した記事「Donovan: 2017 European Champs fashion podiums」から、ザビアコ&エンベルト組の画像は、フィギュアスケート衣装サイト「フィギュアスケート・コスチューム図鑑」から、ムーア=タワーズ&マリナロ組の画像は、アイスダンス情報サイト「ice-dance.com」から、マルケイ&ホタレク組の画像は、写真画像サイト「ゲッティイメージズ」から、カステリ&トラン組の画像は、ペア&アイスダンス情報サイト「Two for the Ice」から引用させていただきました。

【ブログ内関連記事】
ベストコスチューム16/17・アイスダンスショートダンス部門 2017年5月25日
ベストコスチューム16/17・アイスダンスフリーダンス部門 2017年6月1日
ベストコスチューム16/17・男子ショートプログラム部門 2017年6月9日
ベストコスチューム16/17・男子フリー部門 2017年6月15日
ベストコスチューム16/17・ペアフリー部門 2017年7月3日
ベストコスチューム16/17・女子ショートプログラム部門 2017年7月8日
ベストコスチューム16/17・女子フリー部門 2017年7月12日

[PR]
トラックバックURL : http://gogoniji.exblog.jp/tb/26773889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hitsujigusa | 2017-06-28 16:43 | フィギュアスケート(衣装関連) | Trackback | Comments(0)