ベストコスチューム16/17・女子フリー部門

c0309082_10385337.jpg


 ベストコスチューム16/17、いよいよ最後の記事、女子のフリー部門です。今回も16/17シーズンのコスチュームの個人的なベスト10を紹介していきます。なお、ベスト10を決める上でのルールについては、こちらの記事をご覧ください。

*****

 栄えある女子フリー部門1位は、アメリカのカレン・チェンの「ジェラシー」です。

c0309082_17144912.jpg

 コンチネンタルタンゴの名曲「ジェラシー」。情熱的かつ艶やかなタンゴを演じ切り、チェン選手の新たな代表作となりました。
 そんな大人っぽいプログラムに合わせたのは黒を基調とした指先まで覆う長袖ワンピース。その中央を突っ切るように肌がのぞき、その周辺に重点的にふんだんに細かいラインストーンがあしらわれ、黒の中に鮮やかに赤や白が浮かび上がるデザインとなっています。また、肩から胸にかけては炎のような曲線的なデザインも施されていて、こちらも情熱的なさまを想起させます。さらに、指先まで黒で覆うことでタンゴ特有の艶っぽい仕草も白い氷に映えるようになっていて、細部までしっかり練られた衣装だなと思いますね。


 2位はアメリカのアシュリー・ワグナー選手の「エキソジェネシス交響曲第3部」です。

c0309082_17293086.jpg

 イギリスのバンド、ミューズの「エキソジェネシス交響曲第3部」。いまやフィギュア界でも定番と化したクラシックの趣きのあるロック音楽です。ワグナー選手はこの楽曲を用い2種類の衣装を使用しましたが、私が今回選んだのはシーズン前半に着用された方です。
 全面にまばゆい装飾が施されたシルバーの袖なしワンピース。シンプルといえばシンプルなのですが、これだけきらびやかだとともすれば派手派手しすぎてチープな印象にもなりかねません。ですが、この衣装はきらびやかでありながらも大人びたシックさというのも感じさせるデザインで、それもラインストーンやビジューの配置のバランスの巧さなのだと思います。また、色づかいも上から下に向かって濃くなるグレーのグラデーションで、グレーという地味な色を華やかに着こなしているのはさすがベテランのワグナー選手ならではだなと思います。


 3位は日本の浅田真央選手の「バレエ「恋は魔術師」より」。

c0309082_14035993.jpg

 ショートと同じくマヌエル・デ・ファリャの「恋は魔術師」を用い、そこから数曲を抜粋し構成したプログラムですが、ショートが“黒い鳥”をイメージしたミステリアスなピアノプログラムだったのに比べ、フリーは壮大なオーケストラによる情熱的でエネルギッシュなプログラムとなっています。そのコンセプトのままに衣装は赤一色のものを2種類用いましたが、そのうちより多く使われた方を今回は選びました。
 何といっても目を引くのは鮮やかな赤ですが、その中央は大胆に肌をのぞかせるデザインとなっており、その周囲に植物のようにも燃えたぎる炎のようにも見えるデザインが施されていて、より一層情熱を感じさせます。そして上半身から腰まで入った深いスリットは妖艶さを醸し出しています。
 2つで1つの作品として作られた16/17シーズンの浅田選手のショートとフリーですが、ショートの衣装が直線的なラインが強調されたデザインであったのと比較すると、フリーは全体的に曲線的な作りで、衣装でも両プログラムのコンセプトの違いがうかがえておもしろいなと思いますね。


 4位はカナダのガブリエル・デールマン選手の「ラプソディー・イン・ブルー」です。

c0309082_01283930.jpg

 フィギュア界でも定番のガーシュウィンの代表作「ラプソディー・イン・ブルー」。ということで衣装も曲名のとおりのブルーの衣装となっています。
 作り自体は非常にシンプルで、胸元が深いV字のようになった長袖ワンピースで形自体に新鮮味はありませんが、全体に散りばめられたラインストーンによって華がプラスされていてインパクトのあるコスチュームに仕上がっています。さらに、ところどころ大ぶりのビジューやラインストーンの集合体によってアクセントがつけられていて、パッと見ると小さな花がデザインされているようにも見えます。特に腰の部分はラインストーンを集中的に施すことによってベルトっぽく見えるデザインになっていて、プリントでもなく刺繍でもなく、ラインストーンのみで模様を浮かび上がらせたというところにこだわりを感じますね。


 5位は日本の宮原知子選手の「惑星/映画『スター・ウォーズ』より」。

c0309082_01375882.jpg

 ホルストの代表作「惑星」とSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』のサントラを組み合わせ、“愛と平和”をテーマに据えた壮大なプログラムです。
 そんな重厚なプログラムのイメージには反して、衣装は軽やかさを感じさせる白一色。ですが同じ白でも、下に着ているビジューやラインストーンをあしらったシルバーっぽい服の上に、お腹の中心で交差させた柔らかい素材の淡いクリーム色の布とを重ねた重層的な作りになっていて、シンプルでもあり複雑さもある衣装と言えます。重厚なプログラムなので衣装も黒や青といった暗めの色にすると重くなりすぎてしまうところですが、白一色にすることでちょうどよいバランスが取れていて良いですね。


 6位はロシアのエレーナ・ラディオノワ選手の「歌劇「トゥーランドット」より」。

c0309082_14304991.jpg

 フィギュア界王道中の王道、オペラ「トゥーランドット」を使用したダイナミックかつ華麗なプログラム。
 そんな「トゥーランドット」にしては珍しく、ラディオノワ選手が選んだのは可愛らしいピンク色の衣装。重厚な作品に対しては可憐すぎる色合いかなという気もするのですが、ピンクはピンクでも微妙に色味の異なるピンクを複数使用しているので重層的に感じられます。また、鋭い直線的なラインとうねるような曲線的なラインとが交差するデザインは力強くインパクトがあり、色づかいのフェミニンさに男性的な要素もプラスしているように思います。
 ピンクという色が作り出すイメージと重層的な線が作り出すイメージとが合わさってお互いを補っている素敵なコスチュームですね。


 7位はアメリカのグレイシー・ゴールド選手の「ダフニスとクロエ」です。

c0309082_14473270.jpg

 「ボレロ」でも知られるフランスの作曲家モーリス・ラヴェルのバレエ「ダフニスとクロエ」。牧歌的で幻想的、ゆったりと始まり最後は熱狂的に幕を閉じるプログラムです。
 こういったファンタジックなプログラムだと、白やピンクなど淡い優しい色を合わせたくなるところですが、ゴールド選手が選んだのはまさに“ゴールド”のワンピース。厳密に言うならばゴールドというよりはベージュに近いのかもしれませんが、衣装全体にびっしりと敷き詰められたラインストーンによって、輝かんばかりの金色の衣装という印象を与えます。これだけ肌の色に近いコスチュームを着こなすというのは難しいと思うのですが、同じベージュでも濃い部分と淡い部分のメリハリをつけてありますし、また、ゴールド選手の白い肌ともよく合っていて、ゴールド選手だからこそ似合う衣装という感じもしますね。


 8位はアメリカの長洲未来選手の「The Winner Takes It All」です。

c0309082_16003980.jpg

 スウェーデン発の世界的グループ、ABBAのヒット曲「The Winner Takes It All」を、同じくスウェーデンの歌手サラ・ドーン・ファイナーがカバーしバラード調にアレンジしたバージョンを使用したプログラムです。
 全体的にゆったり、しっとりとした曲想ということで、衣装は清廉さを思わせる白をベースに、繊細な装飾を凝らしています。ワンピースは胸元から腰にかけてスリットが入っていますがそこまで深い切れ目ではなく、それよりもその周囲に施されたラインストーンやビジューのゴージャスさが印象に残ります。また、首回り、手首もジュエリーのようなデザインになっていて、装飾づかいが本当に素晴らしいコスチュームだと思います。


 9位はカナダのケイトリン・オズモンド選手の「歌劇「ラ・ボエーム」より」。

c0309082_01102287.jpg

 プッチーニの代表作の一つ「ラ・ボエーム」。1830年代のパリを舞台に貧しいボヘミアンたちの日常を描いた華麗でドラマチックなオペラ作品です。
 衣装はそんな華麗さを如実に表す鮮やかな深紅。胸元やお腹の部分はレース調になっていて、そのレースの縁をシルバーのラインストーンで彩っていて、よりいっそう華やかな雰囲気がプラスされています。衣装の形的にも左右対称で、女性らしいレースを用いたオーソドックスなイメージの衣装ですが、細部まで手を抜かない本格的な作りだからこそ、これだけ高級感のある気品溢れるコスチュームになるのだなと感じさせられますね。


 10位は日本の樋口新葉選手の「シェヘラザード」です。

c0309082_17093683.jpg

 こちらも大定番中の大定番「シェヘラザード」を使用したダイナミックかつ情熱的なプログラムです。
 色は鮮やかな赤で「シェヘラザード」らしい情熱を表現。衣装の形としてはビキニのようなセパレート型ですが、胸部から腰へと繊細かつ重厚な装飾によって繋がっているようなデザインになっており、首や二の腕、お腹から腰に施されたこのジュエリー風のデザインが「シェヘラザード」の舞台であるペルシャらしい雰囲気をよく伝えています。また、頭には額部分に大きなジュエリーがついたサークレットをはめていて、こういったところも非常に「シェヘラザード」らしくて好いなと思いますね。



 女子フリー部門のベスト10は以上です。これで16/17シーズンのベストコスチュームシリーズは全て終了となります。5月下旬から書き始めてスローペースの更新となり2カ月近くもかかってしまい申し訳なかったですが、お読みくださりありがとうございました。
 そうこうしているうちにいよいよオリンピックシーズンが幕を開け(7月1日から新シーズン)、各選手たちの新プログラム情報も次々と伝わってきており、そちらの記事もできるだけ早くアップしたいと思いますので、もう少しお待ちください。では。


:記事冒頭の国際スケート連盟のロゴは、国際スケート連盟フィギュアスケート部門の公式フェイスブックページから、チェン選手の画像、浅田選手の画像、宮原選手の画像、オズモンド選手の画像、樋口選手の画像は、スポーツ情報サイト「スポーツナビ」のフィギュアスケートページから、ワグナー選手の画像はフィギュアスケート情報サイト「Golden Skate」が2016年10月23日位配信した記事「Ashley Wagner: “It was sticky but I got it done”」から、デールマン選手の画像、長洲選手の画像は、マルチメディアサイト「Zimbio」から、ラディオノワ選手の画像、ゴールド選手の画像は、マルチメディアサイト「Newscom」から引用させていただきました。

【ブログ内関連記事】
ベストコスチューム16/17・アイスダンスショートダンス部門 2017年5月25日
ベストコスチューム16/17・アイスダンスフリーダンス部門 2017年6月1日
ベストコスチューム16/17・男子ショートプログラム部門 2017年6月9日
ベストコスチューム16/17・男子フリー部門 2017年6月15日
ベストコスチューム16/17・ペアショートプログラム部門 2017年6月28日
ベストコスチューム16/17・ペアフリー部門 2017年7月3日
ベストコスチューム16/17・女子ショートプログラム部門 2017年7月8日

[PR]
トラックバックURL : http://gogoniji.exblog.jp/tb/26808844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hitsujigusa | 2017-07-12 17:32 | フィギュアスケート(衣装関連) | Trackback | Comments(0)